星空観察会

2019.6.25
星空観察会

星空観察会のあゆみ@国民宿舎小豆島星空案内人

IMG_0032IMG_1224 星空観察会を始めてもう9年目になります。星空観察会を始めたそもそものきっかけは、平成22年に町立図書館が企画した「夏の夜空を楽しむ会」に参加したことでした。急な開催だったため参加者が集まるか心配していましたが、当日は親子連れを中心にかなりの盛況となって、これはニーズがあるのではないかと思ったのが始まりです。

それまでは時々一人で見ていましたが、一人で見るのはもったいないと思うことがしばしばあったこともあり、国民宿舎小豆島のお客さんに見ていただくことになりました。最初の頃は、「初心者が相手だから小さいのでいいだろう」とサブ望遠鏡で見ていただいてましたが、星空観察会を続けているうちに、初心者だからこそインパクトが必要だということがわかってきましたので、今はメイン望遠鏡で見ていただいています。

幸い、参加した多くの皆さんに喜んでいただいており、新しい機材スマホによる月撮影の導入、見せ方や説明の仕方の工夫など、バージョンアップをしながら続けています。長いことやっていますので、最近ではどんな話をすればウケるかなどもわかるようになってきました(笑)。

今年は明日(6月26日)梅雨入りのようですが、梅雨が明ければ土星木星、夏の天の川が楽しめるトップシーズン入りとなります。本館にお泊りなら、案内があった日に階段を上がって屋上のドアを開けるだけで、そこに別世界の満天の星空が広がっており、肉眼と天体望遠鏡の両方ですばらしい小豆島の星空をご覧いただけますので、夏の一夜をぜひ星空観察会でお楽しみください。

なお、国民宿舎小豆島の星空観察会は、興味のある方なら事前の申し込みなしでどなたでも参加いただけます。特に無風快晴の時は高確率で開催していますので、電話(TEL 0879-75-1115)で開催の可否や開始時間を確認の上、国民宿舎小豆島本館屋上まで直接お越しください。

星空観察会

記事一覧へ戻る