星空観察会

2017.4.27
星空観察会

星空観察会GWの見どころ@国民宿舎小豆島星空案内人

月半月トリミング_R木星この週末からいよいよゴールデンウイークです。週間予報によるとGW中の天気は概ね晴れとのことで、案内人としても多くの皆さんに小豆島の星空を見ていただけそうで楽しみにしています。開催の場合は当日の夕方に館内放送及びチラシでお知らせしますので、国民宿舎小豆島にお泊りの方はぜひご参加ください。

GW中の一番の見どころは、まずは絶好の観望期を迎えている木星です。木星については前回のブログに詳しく書きましたので、こちらをお読みいただきたいと思いますが、一つ付け加えますと、GW中で大赤班がご覧いただける日は4月30日、5月5日、5月7日あたりになります。今シーズンは赤みを増してより大赤班らしい姿になっていますので、自分の眼でぜひご確認いただきたいと思います。

GW中のもう一つの見どころは、5月3日に上弦(半月)になる月です。月の一番の見ごろは満月だと思っている方が多いですが、実は満月だと太陽の光が正面から当たるために影ができず、ほとんどクレーターが見えません。おまけに満月前後は月が明るすぎて星もほとんど見えないため、星空観察会的には満月ごろは最悪で、半月前後が最も見ごたえのある時期ということになります。双眼装置で両目で見る半月前後の月はいくら見ても見飽きることがないほどすばらしく、これを見ないで帰ったら絶対損すると断言できるほどです。さらに5月に入ればスマホによる月撮影も可能ですので、自分の眼で見た月をそのまま、小豆島旅行のお土産としてお持ち帰りいただけます。

星雲・星団はほとんどが天の川沿いにありますので、天の川の端境期である今の時期の星雲・星団のラインナップはちょっと寂しいですが、星空観察会の始めに冬の星雲・星団を、終わりに初夏の星雲・星団を見ていただくなど、いろいろプランを考えています。また、人工衛星の閃光現象であるイリジウムフレアも、4月28日、5月6日、5月7日には星空観察会の中でご覧いただけます。もちろん晴れればですが(笑)。ほとんどの方には初めて見る現象だと思いますので、こちらもお楽しみに。

なお、国民宿舎小豆島の星空観察会は、興味のある方ならどなたでも参加いただけます。開催時間は直前になりますが国民宿舎小豆島のツイッターやフェイスブックでお知らせしていますので、確認の上、国民宿舎小豆島本館屋上まで直接お越しください。

星空観察会

記事一覧へ戻る