星空観察会

2019.4.12
星空観察会

GW10連休中の星空@国民宿舎小豆島星空案内人

りょうけん座子持ち銀河M51小豆島は今が桜満開で、山々は桜の木があるところが一目瞭然になるなど、春の訪れを感じる季節になりました。夜の寒おおぐま座回転花火銀河M101さもようやく緩み、瀬戸内国際芸術祭も4月26日に開幕しますので、皆さんにはぜひ小豆島にお越しいたただき、小豆島の星空を楽しんでいただきたいと思います。

このGW10連休は5月5日が新月で、連休を通して月のない星空がこ覧いただけます。春は天の川がない唯一の季節ですので、星空観察会的にはちょっと地味な星空ですが、代わりに天の川のガスやチリが少なく、数々の銀河がこ覧いただける季節でもあります。

銀河といえばごく最近、8つの電波望遠鏡を連携させて、M87中心部のブラックホールが初めて可視化されたというニュースが話題になっていました。驚くほど理論通りの姿だったということですが、このM87も春の星座であるおとめ座の中にありますので、ぜひ星空観察会の中でもご覧いただこうと思っています。M87は銀河系よりもかなり大きい楕円銀河で、わが銀河系の中心にあるブラックホールであるいて座Aより2000倍遠くにありますが、重さも1000倍あり、いて座Aより観測しやすかったとのことです。

ちなみにウルトラマンのふるさとM78は、最初このM87のつもりだったのが、どこかで間違ってM78になったというトリビアがあります。M78はガス星雲なので宇宙人も住みにくいと思われますが、M87なら巨大銀河なのでウルトラマンみたいな宇宙人もきっといると思います。ウルトラマンは意外に科学的かも?(笑)。

なお、国民宿舎小豆島の星空観察会は、興味のある方なら事前の申し込みなしでどなたでも参加いただけます。特に無風快晴の時は高確率で開催していますので、電話(TEL 0879-75-1115)で開催の可否や開始時間を確認の上、国民宿舎小豆島本館屋上まで直接お越しください。

星空観察会

記事一覧へ戻る