星空観察会

2017.8.8
星空観察会

ペルセウス座流星群を見よう@国民宿舎小豆島星空案内人

今年オリオン座と流星トリミング_Rもペルセウス座流星群の極大日である8月12日が近づいてきました。一年で一番流れ星が流れるのは12月のふたご座流星群ですが、ふたご群はなにしろ毎年酷寒強風で、見るには冬山登山並みのの防寒着と覚悟がいりますので(笑)、実質このペルセウス座流星群が、流れ星を見る一年で一番のチャンスということになります。

今年のペルセウス座流星群の極大時間は8月13日の早朝ですが、深夜に星空観察会をするわけにもいきませんので、8月12日の午後8時から午後9時30分までを目途に、去年と同じく国民宿舎小豆島本館の屋上でペルセウス座流星群観察会を行います。国民宿舎小豆島やふるさと荘、ロッジに宿泊の方はもちろん、星空観察会2_R小豆島の他の宿泊施設にお泊りの方、住民の方など、どなたでも参加できますので、ぜぴご参加ください。

当日は、併せて通常の星空観察会も行いますので、神秘的な土星の環や天の川、天の川の中の数々の星雲・星団もご覧いただけます。今年の土星は一番環が大きく開いて、有名なカッシニの空隙も見やすくなっています。さらに夏の天の川には、それこそどれを見てもらうか悩むくらい多くの星雲・星団を見ることができます。

星空観察会にはちょっと間に合いませんが、当日は国際宇宙ステーションも大変いい条件で見ることができます。見え始めは午後7時45分で、ちょうど北斗七星のひしゃくの先あたりに表れて、北極星をかすめながら北東の空約30度あたりを移動して、午後7時50分には東の空で見えなくなります。明るさは全天で一番明るい星である木星に近いくらいに見えると思います。なお、国民宿舎小豆島本館の屋上はまだ開けていませんので、それぞれで北方向が開けた見やすい場所でご覧ください。また、条件は悪く、あまり明るくもありませんが、午後8時27分にはイリジウムフレアもありますので、可能なら観察会の中で見てもらおうと思います。

写真はふたご座流星群と去年のペルセウス座流星群観察会の様子です。流れ星の写真が一枚しかないので思いっきり使いまわしですが(笑)。今年は三連休の真ん中でもあり、大人も子どもも夜更かしができる日だと思いますので、夏の一夜をペルセウス座流星群と星空観察会でぜひお楽しみください。

なお、国民宿舎小豆島の星空観察会は、興味のある方ならどなたでも参加いただけます。開催時間は直前になりますが国民宿舎小豆島のツイッターやフェイスブックでお知らせしていますので、確認の上、国民宿舎小豆島本館屋上まで直接お越しください。

星空観察会

記事一覧へ戻る