お料理

季節の会席≪6・7・8月≫

  • 季節の会席2023.6-8

小豆島の春夏秋冬を料理に表現した会席コースです。旬魚、旬野菜をたくさん使っています。

地元の食材・その良さを知っている料理人達の手作りした料理はどれもたくさんの想いが詰まっています。無数の星空に非日常を感じ、心ゆくままお料理を堪能していただきたいと思います。

※写真はイメージです。
 食材や盛り付けが異なる場合があります。

お品書きMenu

前菜 鱧のそぼろ流し・オリーブ牛のコンフィ・夏野菜のマリネ
造り おすすめ島魚盛り合わせ
蒸し物 地魚の和風あんかけ ~パリパリ素麺とともに~
鍋物 オリーブ豚のレモン鍋
油物 鱧カツバーガー
吸物 地魚味噌汁
酢の物 貝のトマトゼリーがけ
御飯 地蛸のおまぜ
水物 すいかゼリー

※仕入れの都合により、お料理内容が変更される場合がございます。

期 間 6月、7月、8月限定
料 金 1泊2食付 12,690円(税込)~

 

鱧のそぼろ流し:鱧の旨みを丸ごと閉じこめた一品です。

オリーブ牛のコンフィ:低温でじっくりと火入れをしており、口の中でとろけます。

夏野菜のマリネ:夏野菜をオリーブオイルと塩でマリネしています。

 

おすすめ島魚盛り合わせ:その日仕入れたものから数日寝かせたものまで・・・料理人が毎日目利きし、おすすめのお魚を選びました。

(津本式究極の血抜きで1匹1匹丁寧に取り扱っています)

 

地魚の和風あんかけ~パリパリ素麺とともに~:熟成させたお魚は蒸し上げるとふわふわに・・・さっぱり和風のあんかけで召し上がってください。小豆島の名産の素麺をパリパリに焼き、アクセントになってます。

 

オリーブ豚のレモン鍋:香川県には県花県木であるオリーブと生産者さんが丹精込めて育てた豚が結ばれて誕生したオリーブ豚がいます。しっかりとした赤身、さっぱり甘い脂・・・香り豊かなレモンとお鍋で・・・

 

鱧カツバーガー:島のブランド魚・・・小豆島四海が誇る「島鱧」。漁協の方が1本ずつ丁寧に取り扱い大切に管理されています。骨の柔らかさも特徴で今回は贅沢にバーガーに・・・口いっぱいに頬張って下さい。

 

地魚味噌汁:お魚の血を丁寧に取り除きじっくり煮出した出汁は魚本来の旨みがしっかり味わえます。一番出汁の香り、夏のおすすめ魚と共にお召し上がりください。

 

貝のトマトゼリーがけ:あっさり、さっぱり箸休めに・・・貝の食感や旨み、トマトの甘みや酸味が広がります。

 

地蛸のおまぜ:小豆島の郷土料理である「かきまぜ」。具材を地元の醤油などで味付けし、炊きたての御飯に混ぜ込みます。口に頬張ると蛸の旨み、どこか懐かしい醤油の香ばしさが広がります。

 

すいかゼリー:夏らしく可愛らしいゼリー。しめのお口直しにお召し上がりください。

※季節や仕入状況によりメニューは変更になります。
※連泊の場合のお食事は内容を一部変更しております。

ご予約はこちら

宿泊のお料理一覧ページ